アンチエイジング化粧品 ハリ 潤い セラミド

セラミド

若いころの肌は、外から刺激を受けてもそれを跳ね返すだけのバリア機能を持っています。
そしてバリア機能がうまく働いているうちは、肌のハリや潤いは保たれています。
肌のバリア機能を作っているのがセラミドです。
セラミドはだんだんと人の肌から失われていきますので、アンチエイジングのためには補充してあげることが必要です。

 

セラミドが少なくなると肌の調子はどうなる?

セラミドは年齢とともに肌から失われていきますが、クレンジングや洗顔をすればするほど量が減ると言われています。
また、セラミドは肌にとって大切な水分を蒸発しないように守る働きがあるのですが、セラミドがなくなれば肌の乾燥が進んで、シワやたるみなど老け顔の原因となります。

 

また、セラミドは肌のバリア機能を作る働きもありますが、バリア機能が弱まれば肌は外の刺激に負けてしまいます。
刺激を受けた肌は大人ニキビなどあらゆる肌トラブルを引き起こしてしまいますので、肌を強くするためにはセラミドを補充しなくてはいけません。

 

セラミドはそのままでも肌に成分が浸透する?

セラミドは効果の高い美容成分ですが、肌のハリや潤いを取り戻すためには表面だけにしか浸透しないようでは効果が出せません。
セラミドの効果を上げるためには、肌に浸透しやすい形で配合された化粧品を使うことが必要です。

 

肌に浸透しやすいセラミドとは、肌に吸収しやすいようにナノ化されたセラミドを意味します。
何かしてあるならば、肌の老化が進んで硬くなった肌でも、肌の奥まで成分を届かすことができます。
肌は奥までセラミドが浸透していけば失われていたハリや潤いが戻ってきて、若いころの肌が戻ってきます。

関連ページ

ビタミンC誘導体
ビタミンCは肌にハリや潤いを与えるコラーゲンの生成を助ける働きがありますから、アンチエイジングにも効果的な成分です。化粧品の中にもビタミンCが入ったものがありますが、ビタミンCを肌が吸収しやすい形にしたのがビタミンC誘導体です。
ヒアルロン酸
赤ちゃんの時は触ると水が出そうなぐらい潤っていた肌も、だんだんと水分量が少なくなります。潤いをなくしてカサカサ肌になった理由の一つがヒアルロン酸の減少です。ヒアルロン酸が失われると、肌は乾燥していろいろな肌トラブルのもとになります。
アミノ酸
肌のハリや潤いを保つためには、肌のターンオーバーが順調に進められることが必要です。肌のターンオーバーがうまくいかなければ、外部の刺激にすぐに負けてしまうからです。肌のターンオーバーを正常な状態にするためには、アミノ酸の力が必要です。
アスタキサンチン
人は外に出なくても常に紫外線に肌をさらしています。 年齢を重ねると、肌はだんだんと紫外線の刺激に耐えられなくなり、ハリや潤いをなくします。紫外線などの刺激に負けない肌を作るためには、アスタキサンチンの力が必要です。