アンチエイジング化粧品 ハリ 潤い ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体

果物や野菜の中に含まれているビタミンCは、美容を維持するために欠かせない成分です。
ビタミンCは肌にハリや潤いを与えるコラーゲンの生成を助ける働きがありますから、アンチエイジングにも効果的な成分なのです。
化粧品の中にもビタミンCが入ったものがありますが、ビタミンCを肌が吸収しやすい形にしたのがビタミンC誘導体です。

 

ビタミンCはそのままでも肌に効果が出せないの?

普段私達が食べている野菜や果物にもビタミンCは含まれていますから、食べ物で補えばいいのでは、と思う方もいらっしゃるでしょう。
たしかに、肌のハリや潤いを保ちたければ、普段の食生活の中でビタミンCを積極的に摂ることは必要です。
しかし栄養素が肌に効果を出すためにはかなりの量を食べなくてはいけませんから、アンチエイジングの効果を出すほど補充することは難しいです。

 

最近ではビタミンCが入った化粧品が多く出まわるようになりましたが、ビタミンCはそのままの形では肌が吸収しにくく、効果が出ません。
そこで、成分が奥まで入るように誕生したのがビタミンC誘導体です。

 

ビタミンC誘導体が入った化粧品を使うと、肌はどう変わる?

ビタミンC誘導体は、ビタミンCを肌の奥まで届けます。
肌のハリや潤いを作っているのがコラーゲンですが、ビタミンCはコラーゲンの生成を促しますから、だんだんと肌にハリや潤いが戻ります。
ビタミンCには抗酸化作用もありますから、肌のハリや潤いだけでなくシミを防ぐ効果もあり、最高のアンチエイジング対策となります。

関連ページ

セラミド
肌のバリア機能を作っているのがセラミドです。セラミドはだんだんと人の肌から失われていきますので、アンチエイジングのためには補充してあげることが必要です。
ヒアルロン酸
赤ちゃんの時は触ると水が出そうなぐらい潤っていた肌も、だんだんと水分量が少なくなります。潤いをなくしてカサカサ肌になった理由の一つがヒアルロン酸の減少です。ヒアルロン酸が失われると、肌は乾燥していろいろな肌トラブルのもとになります。
アミノ酸
肌のハリや潤いを保つためには、肌のターンオーバーが順調に進められることが必要です。肌のターンオーバーがうまくいかなければ、外部の刺激にすぐに負けてしまうからです。肌のターンオーバーを正常な状態にするためには、アミノ酸の力が必要です。
アスタキサンチン
人は外に出なくても常に紫外線に肌をさらしています。 年齢を重ねると、肌はだんだんと紫外線の刺激に耐えられなくなり、ハリや潤いをなくします。紫外線などの刺激に負けない肌を作るためには、アスタキサンチンの力が必要です。