アンチエイジング化粧品 ハリ 潤い アスタキサンチン

アスタキサンチン

人は外に出なくても常に紫外線に肌をさらしています。
年齢を重ねると、肌はだんだんと紫外線の刺激に耐えられなくなり、ハリや潤いをなくします。
紫外線などの刺激に負けない肌を作るためには、アスタキサンチンの力が必要です。

 

アスタキサンチンとは?

アスタキサンチンとは、食べ物を赤くしている色素です。
エビやカニ、鮭などの海産物は赤い色をしていますよね。

 

これらの海産物はもともと赤い色をしているわけでなく、赤い色を含む餌を食べたために赤くなったのです。
その赤い色の元がアスタキサンチンというわけです。

 

アスタキサンチンは抗酸化作用が強く、他に抗酸化作用が強いと言われているコエンザイムQ10やポリフェノールよりもはるかに効果が高いと言われています。
ですから、紫外線などのトラブルに強い注目の美容成分なのです。

 

アスタキサンチンは化粧品で取り入れることが出来る?

アスタキサンチンは食べ物からも摂り入れることができますが、食べ物からとりいれれば全身に成分が行き渡りますから、肌に行き渡るぶんはそれほど多くありません。
しかし、化粧品からアスタキサンチンを摂取することができれば、肌に良い影響を及ぼすことができます。

 

アスタキサンチンが配合された化粧品は最近、いくつか出まわるようになりました。
アスタキサンチンの濃度が高いものほど効果は高いですが、同じアスタキサンチン入りの化粧品でも、添加物などが入っていると肌の弱い方は刺激に負けてしまいます。

 

アスタキサンチン入りの化粧品を使うときには、肌に刺激のある成分が含まれていないか他に入っている成分もお確かめください。

関連ページ

セラミド
肌のバリア機能を作っているのがセラミドです。セラミドはだんだんと人の肌から失われていきますので、アンチエイジングのためには補充してあげることが必要です。
ビタミンC誘導体
ビタミンCは肌にハリや潤いを与えるコラーゲンの生成を助ける働きがありますから、アンチエイジングにも効果的な成分です。化粧品の中にもビタミンCが入ったものがありますが、ビタミンCを肌が吸収しやすい形にしたのがビタミンC誘導体です。
ヒアルロン酸
赤ちゃんの時は触ると水が出そうなぐらい潤っていた肌も、だんだんと水分量が少なくなります。潤いをなくしてカサカサ肌になった理由の一つがヒアルロン酸の減少です。ヒアルロン酸が失われると、肌は乾燥していろいろな肌トラブルのもとになります。
アミノ酸
肌のハリや潤いを保つためには、肌のターンオーバーが順調に進められることが必要です。肌のターンオーバーがうまくいかなければ、外部の刺激にすぐに負けてしまうからです。肌のターンオーバーを正常な状態にするためには、アミノ酸の力が必要です。