アンチエイジング化粧品 ハリ 潤い アミノ酸

アミノ酸

肌のハリや潤いを保つためには、肌のターンオーバーが順調に進められることが必要です。
肌のターンオーバーがうまくいかなければ、肌は不完全な弱い状態ですから外部の刺激にすぐに負けてしまうからです。
肌のターンオーバーを正常な状態にするためには、アミノ酸の力が必要です。

 

アミノ酸が不足していると肌はどんな状態になるの?

アミノ酸が少ない状態ですと肌は上手にターンオーバーが進みません。
そのため、肌は外部の刺激に弱く肌トラブルを引き起こします。

 

また、肌に潤いを与えて新しい肌を作る原動力になるコラーゲンはアミノ酸を原料にしています。
アミノ酸が不足すれば、肌はハリや潤いをなくして老け顔を作ってしまいます。

 

アミノ酸はアンチエイジング化粧品で補うことが出来る?

アミノ酸は食事から摂り入れることもできますが、普段の食事の中から美肌を取り戻すほどの量を摂取することは非常に難しいです。
しかし、肌に直接アミノ酸を浸透させれば、元気をなくした肌もアミノ酸の力で生まれ変わることができます。

 

アンチエイジング化粧品の中には、アミノ酸を含んでいるものがいくつかあります。
アミノ酸入りの化粧品は肌に優しく肌トラブルの心配のないものが多いですが、年齢肌の方は敏感でトラブルに弱いことが多いですから、肌に優しい成分で作られた化粧品を選びましょう。

 

そして、同じアミノ酸が入っているにしても、美肌効果を上げるためにアミノ酸を肌に浸透しやすくしてある化粧品を選んでください。

関連ページ

セラミド
肌のバリア機能を作っているのがセラミドです。セラミドはだんだんと人の肌から失われていきますので、アンチエイジングのためには補充してあげることが必要です。
ビタミンC誘導体
ビタミンCは肌にハリや潤いを与えるコラーゲンの生成を助ける働きがありますから、アンチエイジングにも効果的な成分です。化粧品の中にもビタミンCが入ったものがありますが、ビタミンCを肌が吸収しやすい形にしたのがビタミンC誘導体です。
ヒアルロン酸
赤ちゃんの時は触ると水が出そうなぐらい潤っていた肌も、だんだんと水分量が少なくなります。潤いをなくしてカサカサ肌になった理由の一つがヒアルロン酸の減少です。ヒアルロン酸が失われると、肌は乾燥していろいろな肌トラブルのもとになります。
アスタキサンチン
人は外に出なくても常に紫外線に肌をさらしています。 年齢を重ねると、肌はだんだんと紫外線の刺激に耐えられなくなり、ハリや潤いをなくします。紫外線などの刺激に負けない肌を作るためには、アスタキサンチンの力が必要です。