アンチエイジング化粧品 冬 潤い 維持

乾燥しやすい冬でも肌の潤いを維持する

 

冬は湿度が低い上に暖房などを使うため、空気はかなり乾燥しています。
乾燥した部屋の中に長くいれば肌はどんどん乾いていきます。
年齢とともにだんだん潤いをなくしていく肌にとって、冬の間を乗り切るのは大変です。
一年中潤い対策は必要ですが、特に冬は念入りにアンチエイジング化粧品を使って対策を考えることが望ましいです。

 

乾燥する冬に何の対策もしていないと肌はどうなる?

空気が乾燥している冬の時期は、肌の潤いがなくなってカサカサしています。
また、寒くてあまり身体を動かすことなく部屋の中でばかり過ごしていれば、肌の新陳代謝は悪くなりますから肌は上手に生まれ変わることができません。
こうして潤いをなくした肌は毛穴が開いてしまい肌のキメが失われます。
それを隠そうとしてファンデーションが厚塗りになれば、肌はさらに乾燥して肌トラブルを起こしやすくなりますし、ファンデーションもむらが出て、きれいに仕上がりません。

 

冬の乾燥を乗り切るアンチエイジング化粧品の使い方は?

乾燥した肌はいつもよりも敏感になっていますから、洗顔料は肌にやさしい植物成分などで作られたものを選んでやさしく泡で洗い落とすようにしましょう。
冬の間は毛穴も開き気味ですから、こゴシゴシ洗わず、力を入れないでくるくるとマッサージしながら洗顔するのが効果的です。

 

洗顔した後は保湿クリームをたっぷりつけていきます。
お風呂からあがった後などは特に肌が乾燥していますからすぐに保湿対策を取らないと肌の潤いが失われるだけです。
すぐにつけられるように、お風呂の中に化粧水を持ち込むのもひとつの方法としておすすめです。

関連ページ

肌の筋肉を動かして肌を引き締める
マッサージをするときにはより効果を上げるためにアンチエイジング化粧品を使いましょう。肌に浸透しやすく考えられた美容成分が入ったアンチエイジング化粧品ならば、マッサージとともに肌の奥まで成分が浸透します。
年齢とともに少なくなったコラーゲンを作るよう促す
コラーゲンが少なくなった肌は、ハリを失って年齢肌となってしまいます。ビタミンC誘導体が入ったアンチエイジング化粧品を使えば、コラーゲンが作られて肌はだんだんとハリを取り戻しますよ。
肌から失われたヒアルロン酸を補充する
美容成分は食べ物から摂取することもできますが、ヒアルロン酸は食べ物から摂取することは難しいです。しかし、アンチエイジング化粧品を使って、外から補充することは可能です。
日焼け対策で肌を強くする
アンチエイジング化粧品は敏感肌の方でも使えるよう、肌に優しい成分で作られたものが多いです。肌のハリを取り戻すために、一年中、日差しから肌を守るために使い続けましょう。
シワを予防して若々しい肌を保つ
顔にしわがあるだけで年齢を感じさせます。しわは顔のハリがなくなってたるんだ結果できてしまったものです。アンチエイジング化粧品を使ってシワを予防できれば、肌のハリは保たれて年齢を感じさせることはありません。
ホルモンバランスを整えて肌を若返らせる
ホルモンのバランスは、美肌を保つために大事なことです。アンチエイジングのためには女性ホルモンの分泌を促してバランスを整えることが必要です。
肌の弾力を取り戻してしぼんだ肌を元気にする
弾力を失った肌はしぼんでいき、元気のない年齢を感じさせる肌へと変化します。このまま肌がしぼむままに任せていると、年齢より上に見られることもありますから、アンチエイジング化粧品でしっかり対策をしなければいけません。
必要な皮脂まで取ることなく肌を守る
皮脂は美肌の敵と思っている方もいらっしゃるでしょうが、肌は必要な皮脂まで失うと水分を失って乾燥してしまいます。敏感肌でも使える敏感肌用や植物成分だけで作られた肌にやさしいアンチエイジング化粧品ならば、安心です。
表面だけでなく肌の奥から潤いを取り戻す
肌の表面はベタベタしているのに肌の中は乾燥しているインナードライに悩まされている方は多いです。表面だけ乾燥せずにすませられても肌の調子は悪くなる一方です。アンチエイジング化粧品を選ぶ時は成分の大きさに注意してください。