アンチエイジング化粧品 選ぶ 注意点 乾燥 防ぐ

肌の乾燥を防ぐ

 

年齢とともに肌はだんだんと潤いを失って乾燥しがちになります。
潤いがあるぷるぷるした肌は若々しく見えますが、乾燥した肌は年齢を感じさせてしまいます。
乾燥肌は年齢より上に見られてしまうこともありますから、すぐに対策が必要です。

 

肌が潤いを失うとどうなる?

肌が潤っているうちは美肌を保つことができますが、年齢とともに肌が乾燥してくると肌の老化が進みます。
柔らかかった肌も潤いがなくなればごわごわした硬い肌に変わってしまいます。

 

肌が硬くなれば、エイジングケア化粧品を使っても成分が肌に浸透しないため効果が出ません。
エイジングケア化粧品にはいろいろな美容成分が使われていますが、その効果を出すためには、まずは肌に潤いを与えることが必要です。

 

肌に潤いを与えて乾燥肌を改善するエイジングケア化粧品の成分は?

人間の肌の中にある成分で肌の潤いを保つ働きを持っているのがセラミドです。
年齢とともに失われたセラミドはエイジングケア化粧品で補うことができます。
セラミドが補充されれば、肌は潤いを取り戻し外部の刺激から肌を守りますし、ぷるぷるした潤いある若い頃の肌を取り戻すことができます。

 

もうひとつ、肌に潤いを与える成分がヒアルロン酸です。
ヒアルロン酸もセラミドと同じく人間の肌にもともとある成分なのですが、年齢とともに失われていきます。
ヒアルロン酸が入ったエイジング化粧品を使えば、肌の角質層の水分を外に逃がしませんから、肌は潤いを取り戻します。
ヒアルロン酸は高分子なため肌に吸収されにくい特徴がありますので、肌に浸透しやすいように低分子化されたヒアルロン酸が入ったエイジングケア化粧品を選びましょう。

関連ページ

紫外線対策をしていること
人は外にでている時はもちろんのこと、家の中にいても紫外線を浴びています。UV対策をしていればある程度は防ぐことはできますが、完璧に防ぐことはできません。長年、紫外線に当たり続ければ、肌は紫外線に負けてトラブルを起こします。
抗酸化作用があること
肌は老化が進むとハリがなくなってきますが、その一つの理由が肌の酸化です。長時間空気にさらされているうちに人間の肌は酸化が進みます。肌のハリを取り戻すためには、酸化を止めなければいけません。
小じわや目元のシワを防ぐ
人の顔の中で印象が強いパーツの一つが目です。 目元にシワができるなど、小じわが目立つようになってくると、とたんに肌は若さを失い、年齢を感じさせます。小じわがあるだけで老けた印象を持たれてしまいますから、アンチエイジングには小じわ対策が欠かせません。
たるみを引き上げる
若いうちは引き締まっていた頬も、年齢とともにたるんできます。頬がたるんでくればしわなどを作りますし、顔も大きくなって年齢を感じさせます。たるみを引き上げないと、若いころの肌を取り戻すことはできません。
敏感肌でも使える
若い時でも敏感肌の方は使う化粧品を選ぶことが難しいです。敏感肌の方は普通肌の方よりも弱い分だけ肌の老化も早いと言われています。成分が強いものを使うことはできませんが、アンチエイジングのためには普通肌よりも早い対策が必要です。
ほうれい線を解消する
ほうれい線は若い頃はほとんど目立たない人が多いですが、年齢とともにいつの間にか濃くなっています。お化粧をきれいにしていても、ほうれい線を隠すことは難しいです。ほうれい線があるだけで、顔は老け顔になりますからアンチエイジング対策が必要です。
ゆるんだ毛穴を引き締め
年齢を重ねると、引き締まっていた毛穴もだんだんゆるんでいきます。ゆるんだままに放っておけば、肌もダラっと垂れ下がってハリを失います。ハリを失った肌はたるみを引き起こしますし、ゆるんだ毛穴はシミやくすみ肌の原因になります。
肌のくすみを解消する
肌はくすんでいるだけで、不健康なイメージがありますし人を老け顔にします。若いうちは透明肌で元気な肌をしていても、年齢を重ねるとだんだん肌はくすみが生じてきます。くすみはお化粧をしてもうまく隠せませんから、アンチエイジングのためにはくすみを解消しなければいけません。
肌トラブルを起こさない
年齢とともに肌は刺激に弱くなります。若いうちは化粧品を使った後の美容効果だけ気にしていた方も、肌が弱くなってからは刺激のないもので効果の高いアンチエイジング化粧品を求めます。いくら美容効果が高くても肌トラブルを起こしては意味がありませんから、アンチエイジング化粧品を選ぶ時は肌トラブルを起こさない化粧品選びも必要です。